ライフスタイル
PR

[ふるさと納税 体験談]ワンストップ特例制度をオンラインで申請すれば5分で終わる!

やのちん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

サラリーマンのみなさんこんにちは。やのちん (@yanochin0818)です。

[jin-iconbox15]ふるさと納税をしたけれどワンストップ特例制度ってどうやってやるの?

ふるさと納税をしてみたいけれどワンストップ特例制度って簡単なの?[/jin-iconbox15]

といった悩みを解決します。

どんな人に読んでほしい?

  • ふるさと納税をこれから始めてみたい人
  • ふるさと納税(ワンストップ制度有)を始めてみたが、やり方がわからない方
  • ワンストップ特例制度の確定申告について詳しく知りたい方

今回は、ワンストップ特例制度を利用できる返礼品に関して紹介します。

それでは参りますよ。

はじめに:まずふるさと納税を始めてみるべき

本記事は、ふるさと納税を行った後に、ワンストップ特例制度を利用して確定申告をおこなう手続きの順序を示しております。

  • 今年ふるさと納税を始めてみようと思っている方
  • ふるさと納税についてもう少し知りたい方

前の記事を参考に。

[ふるさと納税 わかりやすく解説]得をしている人はたった21%!ふるさと納税の基本を押さえて節税対策をしよう

ふるさと納税を単純化していうと
払う税金を利用して返礼品を購入することができる制度

[chat face=”0E2BAADD-ACBA-48BC-B5B9-636E0E189FB7.jpeg” name=”やのちん” align=”left” border=”none” bg=”blue” style=”maru”]ふるさと納税はやった後に気づくと思いますが、非常にお得な制度です。[/chat]

ワンストップ特例制度とは

ワンストップ特例制度とは

確定申告の不要な給与所得者等がふるさと納税を行う場合、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄付金控除を受けられる仕組みです。

参考URLはこちら

確定申告が毎年会社のみで手続きを済ませている方は特に該当しませんが、確定申告を別途している方は注意すること。(後述します)

 

ワンストップ特例制度を利用すれば簡単に寄付金の控除を受けることができます。

年々ふるさと納税利用者が増加しています。
総務省の報告によると2020年は年間400万人の方々がふるさと納税を利用しました。

ふるさと納税利用者の約半数はワンストップ特例制度を利用しているとのデータもあります。

[chat face=”72D5D2E0-4F1D-48F6-BE1A-3087832C9DEC.png” name=”サラリーマン” align=”left” border=”none” bg=”gray” style=”maru”]簡単に控除を受けたいサラリーマンが増加してきていると考えられるね。[/chat]

ワンストップ特例制度の手続き

それでは、ワンストップ特例制度を利用した際の手続きについてみてみましょう。

ふるさと納税はワンストップ特例制度を利用できる返礼品とそうでないものがあります。

[chat face=”0E2BAADD-ACBA-48BC-B5B9-636E0E189FB7.jpeg” name=”やのちん” align=”left” border=”none” bg=”blue” style=”maru”]あくまで印象ですが、ほとんどの返礼品はワンストップ特例制度を利用できます。[/chat]

まず返礼品と封筒が届きます。
返礼品と封筒が届くタイミングは一緒の場合もありますし、異なる場合もあります。

封筒の中身を見ると入っているものは主に3種類

  • 寄付お礼の手紙
  • ワンストップ特例申請書
  • 寄付金領収書(確定申告用)

上記3種類は入っておりますが、ワンストップ特例制度を利用して控除を行う際に必要なのはワンストップ特例申請書のみです。

なんて簡単。

 

それでは、ワンストップ特例申請書を利用して申請の手順を見てみましょう

準備するもの

  • ワンストップ特例申請書(無ければwebからダウンロード可能)
  • マイナンバーカード(通知カード+運転免許証なども可能)
  • 印鑑
  • ペン
  • のり
  • スマホ

webから申請書をダウンロードした場合は申請書に記入する方がおすすめです。

これだけ事前に用意しておけば5分以内でできます。

順序は大きく分けて4つ

  1. 封筒に入っているワンストップ特例申請書のQRコードを読み取る
  2. 流れに沿って情報を打ち込んでいく(画像アップロードまで)
  3. ワンストップ特例申請書の「オンライン申請しました」にチェック、押印する
  4. 封筒に入れて送付先を記入し、ポストに投函

一つずつ見ていきましょう。

① 封筒に入っているワンストップ特例申請書のQRコードを読み取る

 

② 流れに沿って情報を打ち込んでいく(一部抜粋)

 

[chat face=”0E2BAADD-ACBA-48BC-B5B9-636E0E189FB7.jpeg” name=”やのちん” align=”left” border=”none” bg=”blue” style=”maru”]ふるさと納税の登録時に自分の情報を打ち込んでおりますので、ほとんど入力せずに済みますよ[/chat]

 

③ ワンストップ特例申請書の「オンライン申請しました」にチェック、押印する

QRコードから読み取りを行えば、申請書には以下の2つのみで構いません。

  • 押印する
  • オンライン(web)申請をしました」にチェックを入れる

 

④ 封筒に入れて送付先を記入し、ポストに投函

[jin-img-waku]

[/jin-img-waku]

[chat face=”0E2BAADD-ACBA-48BC-B5B9-636E0E189FB7.jpeg” name=”やのちん” align=”left” border=”none” bg=”blue” style=”maru”]楽天のふるさと納税は封筒付属なので便利ですよ[/chat]

以上の手順で完了です。
返礼品をもらった後の手続きがこれだけで済むのであれば、やってみようと思う方もいるかもしれません。



ワンストップ特例制度を利用する際に気を付けること

ワンストップ特例制度を利用する際には気を付けるべきことがあります。

  • 5自治体以上のふるさと納税をしている場合
  • 別途確定申告を行っている場合

別途というのは、医療費控除や住宅ローン控除を受ける際には注意が必要です。

[chat face=”72D5D2E0-4F1D-48F6-BE1A-3087832C9DEC.png” name=”サラリーマン” align=”left” border=”none” bg=”gray” style=”maru”]毎年、会社でのみ申告をしている方であれば、問題なくワンストップ特例制度を利用することができるよ。[/chat]

簡単な制度といえ、深堀りしてみると難しいですからね。
該当しない方はワンストップ特例制度を問題なく使用して構いません。

 

さいごに:ワンストップ特例制度を利用すればものの5分で手続きが終わる

いかがだったでしょうか。

ワンストップ特例制度のオンライン申請を利用すれば、ものの5分で申請を終えることができます。

ワンストップ特例制度の本記事が参考になった方もこれから参考にしようと思う方も
ぜひふるさと納税を活用して税金を返礼品にしてもらえればと思います。

一歩踏み出す勇気が生活を一変させる行動になります!

以上、やのちん (@yanochin0818)でした。

スポンサーリンク
ABOUT ME
やのちん
やのちん
1児のママ
子どもと一緒に楽しくラクに生きる。
子ども×ホテルを軸にメディア活動しています。
実績として、大好きなサウナ×ホテルで月間3万PVを達成し、メディア事業売却に成功しています。
記事執筆の依頼やメディア掲載についてはお問い合わせからよろしくお願いいたします。
記事URLをコピーしました