ライフスタイル
PR

[ネットの情報信じすぎてない?]正しい情報を掴みとるために理解しておくべきことって何?

やのちん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

みなさんこんにちは。やのちん (@yanochin0818)です。

表紙にある30.8%という数字は、総務省が2018年に発表したインターネットに対する信頼度の大きさを表しています。
将来の子ども達は、ネットの情報が正解!という理解でわからないことを調べるようになると言われています。

間違ったネットの情報が世の中に溢れているというのに。。
と、将来の子ども達を哀れんでいる暇はありません!

 

どんな人に読んでほしい?

  • ネットの情報が正しい!と信じている方
  • 情報の信頼度がネットよりも高いメディアを知りたい方
  • 社会の闇はネットには公開されていないことを知りたい方(厚生年金の闇)

いきなりですが、皆さん。

ネットから調べた情報は本当に正しい情報ですか?

答えは、いいえ。です

正確に言うと、間違った情報が入り混じっているのです。

 

例えば、以下の問題が出たらなんと答えますか?
わからなければネットでググってみてください。

 

  1. 世界最大の砂漠はどこ?
  2. サラリーマンが納める厚生年金は、国民年金へお金が流出している?

 

答えは、

  1. 南極大陸(サハラ砂漠ではない)
  2. はい(厚生年金から国民保険へお金が流出しています)

(検索日時;2020.7.26)

やのちんは、本を読む前までこの2つは知り得もしなかった情報です。

残念ながら学校で答えれば正解としてくれるかもしれませんが、真実ではありません。

 

少しこの二つの問題について深掘りをしてみましょう。

1つ目の質問である世界最大の砂漠は、南極大陸ですがこちらはググれば真実がわかりつつあります。

この問題は自分にとって必要な情報ではないので、単純に
「あー、知らなかった。(まあ知らんでもええけど)」
で済むかもしれません。

しかしながら2つ目の質問の答えは

国民年金の赤字は、厚生年金で補っている
ことが真実なのです。

出典 

  • 著者名 橘玲
  • 書名 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計入門
  • 出版社 株式会社幻冬舎
  • 出版年 2013/7/5
  • ページ数 No.1910

(一部抜粋)

サラリーマンとして働き頂いた給与の内、毎月引かれる税金や保険料。

保険料である厚生年金はサラリーマンのためではなく働いていない日本国民のためにも使われているのです。

確かに、サラリーマンが支えて元気な日本にする!
働けない人のために支え合おう!という方がいるかもしれません。
皆が元気な体で働けるわけではないので、ある程度は支え合う必要はあると思います。

しかしながら、

  • 国民年金の赤字は、厚生年金で補填されている

この事実はネットで検索しても出てこない
(やのちんがググった限り、出てきませんでした)

つまり、ネットにない真実というのもあります。

この2つの質問から皆さんにお伝えしたいのは

  • 検索結果の1番上のサイトがいつも正しい情報とは限らないこと
  • ネットにはない情報がありふれているということ

 

では、どのようにして正しい情報を掴みとればいいか。

それは、1つの知りたい情報を2つ以上の情報から調べることです。

そして共通する部分を自ら抜き出す。
共通する部分を正しい情報とすることです。

情報収集先は、書籍、インターネット、テレビ、新聞、自身の体験、周りの意見など。

意識してほしいことは、
いつも「なぜ?」と常識を疑うクセをつけること。
クセをつければ、正しい情報を掴みとることができるようになると思います。

今回、2つの質問は漫画と書籍から引用いたしました。
参考までに。

 1.世界最大の砂漠はどこ?

 

 2.サラリーマンが納めている厚生年金は、国民年金と隔離されている?

本の情報は、信頼性が高いです。

情報を得るにはもってこいのツールです。
なぜ本の信頼度が高いのかも書いてあります。

[本の信頼度は高い]本を読むべき理由とすぐ行動できる方法とは?

 

一歩踏み出す勇気が生活を一変させる行動になります!

以上、やのちん (@yanochin0818)でした。

スポンサーリンク
ABOUT ME
やのちん
やのちん
1児のママ
子どもと一緒に楽しくラクに生きる。
子ども×ホテルを軸にメディア活動しています。
実績として、大好きなサウナ×ホテルで月間3万PVを達成し、メディア事業売却に成功しています。
記事執筆の依頼やメディア掲載についてはお問い合わせからよろしくお願いいたします。
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました