ライフスタイル
PR

[意外と知られてないビール事情]バドワイザーやピルスナーが誕生した国.発祥の地チェコはビール大国

やのちん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

サラリーマンのみなさんこんにちは。やのちん (@yanochin0818)です。

[jin-iconbox15]

海外ビールに関するうんちくを知りたい、教えたい。
チェコビールの隠された事実を知りたい。

[/jin-iconbox15]

といった悩みを解決します。

どんな人に読んでほしい?

  • チェコのビール事情について知りたい方
  • バドワイザーやピルスナーに興味のある方

それでは参りますよ。

[chat face=”0E2BAADD-ACBA-48BC-B5B9-636E0E189FB7.jpeg” name=”やのちん” align=”left” border=”none” bg=”blue” style=”maru”]チェコではビールをPIVO(ピボ)と呼んでいるよ[/chat]

はじめに:チェコは一人当たりのビール消費量世界一

みなさん、ビールの消費量のNo.1ってどの国のイメージがありますか。

[chat face=”0E2BAADD-ACBA-48BC-B5B9-636E0E189FB7.jpeg” name=”やのちん” align=”left” border=”none” bg=”blue” style=”maru”]僕はドイツやラグビーワールドカップでニュースとなったアイルランドのイメージがあります。[/chat]

実はチェコ共和国なんです。しかも26年連続。
2位のオーストリアに対して約2倍の差があります。
そして日本より消費量は約5倍多いです。

表:2018年 国別一人当たりビール消費量
引用:キリンホールディングス株式会社調べ

 

今後もチェコの消費量1位は揺るがないと思います。

そんなチェコ発祥のビールは意外と知られていないあの有名なビールであったことをご存知でしょうか?

チェコ発祥のビール2選

チェコ発祥のビールには、バドワイザーとピルスナービールがあります。

一度は耳にした方もいるかもしれません。
日本にも上陸している有名なビールです。

それでは、それぞれの特徴について簡単に見ていきましょう

バドワイザー

日本人の皆さんでも一度は目にしたことのあるビールではないでしょうか。

バドワイザーは世界の売り上げNo.4に位置しており、世界的にも有名なビールです。

あっさりとした飲みやすいビールとして女性にも好まれるビールです。

日本のビールと比べるとすっきりとした味わいが人気です。

[chat face=”0E2BAADD-ACBA-48BC-B5B9-636E0E189FB7.jpeg” name=”やのちん” align=”left” border=”none” bg=”blue” style=”maru”]日本のビールが苦いと感じ、慣れるのに時間がかかった私にとってはバドワイザーはお気に入りの一本でした。[/chat]

 

2018年までキリンビールが販売のライセンスを持っておりましたが、今はアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABI)がライセンスを持っております。

ABIは世界No1シェアのビール会社です。

有名なビールに、コロナ、ヒューガルデン、バドワイザーがあります。

 

現在バドワイザーはABIのものとなっておりますが、実は名前としての発祥の地はチェコとなっています。

ブドヴァイゼル(Budweiser)というチェコのビール名を借名し、アメリカでバドワイザー(Budweiser)を販売したといわれています。

実際のチェコで購入したビールがこちら。

[jin-img-waku]

[/jin-img-waku]

確かにBuduweiser CZECH LAGER (チェコのバドワイザー)と表記があります。

チェコでは500mLで16.90コルナ(日本円で約85円程度)でした。

 

賛否両論ありますが、本家のバドワイザーはチェコのビールと言えるのではないでしょうか。

バドワイザーの商標をめぐる訴訟は今も続いているとのことでした。

 

ピルスナービール

ピルスナーはチェコのピルゼンで誕生したビールです。

スッキリとした飲みやすいピルスナーはビールデビューにもってこいの一杯です。

フルーティーさやすっきりさ、程よい苦みは万人受けするビールの一つといっても過言ではないでしょう。

[jin-img-waku]

[/jin-img-waku]

 

また、日本のビールに近しい味であることが日本上陸を成功に導いたきっかけの1つと言えるでしょう。

まさにライトラガービールの王道ですね。

日本ではどこで飲める?

日本で飲むのに一番早いのはAmazonで購入することがおすすめですね。

とはいえ、仕事終わりに店に立ち寄って飲みたい!という方々にいくつかチェコビールを飲める場所をご紹介します。

HUB

ハブ(HUB)と呼ばれるイギリスPUBの雰囲気でスポーツ番組を楽しみながらビールが楽しめるお店です。

主要都市に数多く店舗を構えており、比較的リーズナブルな価格でお酒を楽しむことができます。

HUBではバドワイザーやピルスナーを飲むことができます(ピルスナーは一部の店舗限定)。価格は650円(税込)。

スポーツを見ながらまわりの人たちと盛り上がりながら楽しむビールは最高ですよね。

ネット販売 (Amazon)

Amazonはバドワイザーやピルスナーのネット販売をしています。
やはり店舗に行かず自宅用に購入すれば安く済みます。

[chat face=”0E2BAADD-ACBA-48BC-B5B9-636E0E189FB7.jpeg” name=”やのちん” align=”left” border=”none” bg=”blue” style=”maru”]僕が調べたところ355mLで189円で購入できます。[/chat]

 

輸入品のため、品切れの場合がございます。

必要に応じてご自身で検索していただくようお願いします。

家での晩酌にもおすすめの一杯です。
たまには異なるビールに挑戦してはいかがでしょうか。

 

さいごに:たまには海外ビールもいかが

いかがだったでしょうか。

チェコ発祥のビールであるバドワイザーやピルスナーは日本でも飲むことが可能なビールとなっています。

さっぱりとしており、日本のビールと近しい味わいは日本のみならず世界でもTop5に入る人気ビールとなっております。

ぜひ自宅でも楽しむことができるので、世界のビールを体験してみては?

 

一歩踏み出す勇気が生活を一変させる行動になります!

以上、やのちん (@yanochin0818)でした。

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
やのちん
やのちん
1児のママ
子どもと一緒に楽しくラクに生きる。
子ども×ホテルを軸にメディア活動しています。
実績として、大好きなサウナ×ホテルで月間3万PVを達成し、メディア事業売却に成功しています。
記事執筆の依頼やメディア掲載についてはお問い合わせからよろしくお願いいたします。
記事URLをコピーしました