ライフスタイル
PR

[ふるさと納税 わかりやすく解説]得をしている人はたった21%!ふるさと納税の基本を押さえて節税対策をしよう

やのちん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

サラリーマンのみなさんこんにちは。やのちん (@yanochin0818)です。

[jin-iconbox15]ふるさと納税を始めたいけれどややこしいし、手間がかかりそう。
わかりやすくメリット、デメリットを教えてほしい[/jin-iconbox15]

といった悩みを解決します。

それでは参りますよ。

どんな人に読んでほしい?

  • ふるさと納税初心者の方
  • これからふるさと納税を始めようと思っている方
  • ふるさと納税のメリット・デメリットを知りたい方

 

はじめに:ふるさと納税の仕組みを理解し、節税対策を

[chat face=”2500B154-B56D-4CB5-9401-3DADDC9269FB.jpeg” name=”悩み人” align=”right” border=”green” bg=”none” style=”maru”]ふるさと納税ってお得って聞くけれど何がどうお得なの?[/chat]

[chat face=”0E2BAADD-ACBA-48BC-B5B9-636E0E189FB7.jpeg” name=”やのちん” align=”left” border=”none” bg=”gray” style=”maru”]お、ふるさと納税について知っているんだね。
ふるさと納税の認知度は93%で、今では大半の人が聞いたことある言葉になってるね。[/chat]

ふるさと納税という言葉は誰もが聞いたことある言葉になりつつありますが、

利用者はたったの2割というデータがあります。

マイナビライフサポート調べ
調査日時:2020年3月12日 調査人数:339人(22~39歳の男女)

 

聞いたことはあるけれど、メリットがどれくらいあって、デメリットは何かを理解できればふるさと納税を始めるきっかけになる方もいることでしょう。

本記事ではふるさと納税のメリット・デメリットに加えて、節税対策についても解説していきます。

ふるさと納税とは

[chat face=”0E2BAADD-ACBA-48BC-B5B9-636E0E189FB7.jpeg” name=”やのちん” align=”left” border=”none” bg=”gray” style=”maru”]ふるさと納税って知っていますか[/chat]

[chat face=”2500B154-B56D-4CB5-9401-3DADDC9269FB.jpeg” name=”悩み人” align=”right” border=”green” bg=”none” style=”maru”]聞いたことはあるけれど、正直なところお得さをあまり理解できていないよ。[/chat]

 

あなたの大切なお金を「ふるさとを応援する」ということに活用してみませんか?

ふるさと納税とは、生まれた故郷や応援したい自治体に寄付ができる制度です。
手続きをすると、寄付金のうち2,000円を超える部分については所得税の還付、住民税の控除が受けられます。
あなた自身で寄付金の使い道を指定でき、地域の名産品などのお礼の品もいただける魅力的な仕組みです。

引用:ふるさとチョイスより (2020.11.07取得)

 

簡単に説明すると

地方に寄付を行うことで

・寄付金分のお金が戻ってきて(所得税の還付)
・支払う税金が減る(住民税の控除)

という仕組みです。

[chat face=”2500B154-B56D-4CB5-9401-3DADDC9269FB.jpeg” name=”悩み人” align=”right” border=”green” bg=”none” style=”maru”]納税している僕たちからしたらかなりお得な仕組みやん![/chat]

なぜふるさと納税のような政策がなされているかというと、しっかりとした理由があります。

住民税は住んでいる地域に納めるものです。
人口の多い地域は多くの人から税金を納めてもらえます。
結果として、その地域は多くのお金を使って都市開発や人々が暮らしやすい環境を提供します。

そう考えると、、、

人口が少ない地域は税金を納めてもらえず、地域が廃びれてしまします。
せっかくいい特産物があるのに、地域にお金がないからアピールするお金もない。。

のようなイメージです。

特産物がある地域にスポットライトを当てようという考えからふるさと納税という政策が始まりました。

地方側からすると…
税金がほしい、地域を活性化したい。という気持ちがあります。

納税者からすると…
住民税を少しでも減らしたい。普通に税金を支払うなら地方の特産物と交換したい!

というお互いがwin-winになるような政策が始まったと考えられます。

ふるさと納税のメリット・デメリット

もちろんふるさと納税にはメリット・デメリットがあります。

まとめると以下のようになります。

メリット

  • 支払う税金(税額控除)を減らせる
  • 返礼品がもらえる
  • 毎年の楽しみが増える

デメリット

  • 最初に一定の資金が必要
  • 手続きの難易度が高い
  • 住民税を控除されている感覚が得られにくい

ふるさと納税のメリット3選

[jin_icon_like color=”#e9546b” size=”18px”]ここからはふるさと納税のメリット3選を紹介します。

支払う金額(税額控除)を減らせる

税金を支払う金額を減らすことができるのは大きなメリットでしょう。

家族構成や年収によって寄付上限額は異なります。

ざっくりと寄付上限額を知りたい方はこちら

もっと詳細に寄付上限額を知りたい方はこちら

 

返礼品がもらえる

カニやホタテなどの海鮮から果物、肉など幅広いジャンルの特産物をもらうことができます。

最近ではヨギボーや食器などのおうちグッズや商品券などとも交換することができます。

  • 新居に住むときにおしゃれな食器を使いたい方
  • 特産品を届けることで親孝行したい方
  • 普段食事に行かない場所でランチ・ディナーをしたい方

さまざまなシーンで活用することができます。
品揃えはかなり豊富です。

一人一人の要望に合った特産物をもらうことができるのではないでしょうか。

ふるさと納税のデメリット3選

[jin_icon_unlike color=”#e9546b” size=”18px”]続いてふるさと納税のデメリット3選を紹介します。

最初に一定の資金が必要

ふるさと納税は返礼品をもらうためにまず寄付金を納めなくてはなりません。
生活費がかなり厳しいという方は、前払いで数万円払うのは大きな出費と思われる方もいることでしょう。

商品を購入した翌年から寄付金が返金される仕組みとなっています。
結果的にお金は戻ってきますので、数万円の出費なら大丈夫だ。と思う方は積極的に行うことをおすすめします。

年収200万円程度 → 寄付上限額1万5千円分の特産品と交換できます

年収300万円程度 → 寄付上限額2万8千円分の特産品と交換できます

手続きがややこしい

93%の人がふるさと納税について聞いたことがあるのに、21%の人しか利用していないのは、手続きがややこしいからでしょう。

税金が返還される。税金が控除される。
返還ってなに?控除ってなに?
と思うことがあるかもしれません。

[chat face=”0E2BAADD-ACBA-48BC-B5B9-636E0E189FB7.jpeg” name=”やのちん” align=”left” border=”none” bg=”gray” style=”maru”]最初は全くわからず納税期日を見逃してしまいました。[/chat]

住民税を控除されている感覚が得られにくい

手続きがややこしいのに加えて、住民税が控除されている感覚が得られにくいのもデメリットでしょう。

お金は返ってくるんですが、返ってくる感覚は得られにくいです。
毎月住民税の金額を把握している方にとってはわかりやすいと思います。
何も考えずに税金を支払っている方は、一度住民税について意識してみてはどうでしょう。

さいごに:ふるさと納税は毎年幸せを届けてくれるもの

ふるさと納税のメリット・デメリットを理解したうえで、まず登録するのもおすすめですね。
ふるさと納税の仕組みを理解できれば 後に幸せが待っています。
家族に親孝行してもいいですし、友達と寄り添って食事をしてもいいです。
お金の使い道が広がりますね。

[chat face=”0E2BAADD-ACBA-48BC-B5B9-636E0E189FB7.jpeg” name=”やのちん” align=”left” border=”none” bg=”gray” style=”maru”]毎年お肉や魚、フルーツを実家に贈って少しでも親孝行をしております。[/chat]

理解できずに「まあいいや。」と投げ出さず!
一歩踏み出す勇気が生活を一変させる行動になります!

以上、やのちん (@yanochin0818)でした。



 

スポンサーリンク
ABOUT ME
やのちん
やのちん
1児のママ
子どもと一緒に楽しくラクに生きる。
子ども×ホテルを軸にメディア活動しています。
実績として、大好きなサウナ×ホテルで月間3万PVを達成し、メディア事業売却に成功しています。
記事執筆の依頼やメディア掲載についてはお問い合わせからよろしくお願いいたします。
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました