子連れホテル
PR

子連れ旅行 ホテル選びのコツ5選

やのちん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

この記事でわかること

ママ

初めての子連れ旅行、
何を確認しておいた方がいい?

パパ

子どもも大人も楽しめるように
どんな点を調べておけばいい?

このようなお悩みを持つパパ・ママへ
子連れ(1歳~6歳のお子さま)でのホテル選びのコツをお伝えします。

まず第一に!

旅行で何を目的にするかを決める

子連れとなると予定通りにはいかないもの。

だけど、みんな楽しい思い出ばかりにしたいですよね。
そのためには、「ゆとり」が必要です。

あれもこれもと詰め込まないよう、
目的をしっかり決め、「ゆとり」を作ってみて。

目的によって「ゆとり」は変わってきますので
旅行の目的別にざっくりとご紹介します。

Q
目的地(遊園地、観光等)を目的にした旅行におすすめ

お手頃価格なホテル

お手頃価格だと、お金を使う遊園地や観光地に行っても
「ホテルを節約した分、美味しいものを食べようか」
といった「ゆとり」ができるのではないでしょうか。

それもまた1つの大切な家族の思い出になりますね。

Q
ホテルでゆったりと過ごすのを目的にした旅行におすすめ

子どもが遊べるスペースがあるホテル

キッズルームやプールなどが充実しているホテルだと
お子さまが機嫌をそこねてしまっても、安心!?
手札は持っておくに越したことないですね!

また、子どもの施設が充実のホテルであれば、
宿泊している方たちも子連れの方たちが多い確率が高い!

ママ・パパの周囲への緊張感も軽減され、
心に「ゆとり」が生まれるのではないでしょうか。

ホテル選びで気を付けたいポイント

1.アクセス

最悪の場合を想定して…

駅から徒歩10分、大人だと歩ける距離ですが、
荷物やベビーカーを押すのは疲れてしまいますよね。
雨が降ってはせっかくの旅行で疲弊してしまいます…

そうならないためにもアクセス方法は
事前に確認し、できるだけロスタイムがないように。
確認するポイントを交通手段別まとめました。

電車の場合
  • 直行バスの有無、直行バスの時刻表or予約方法
  • タクシー乗り場の有無、常にタクシーが待機しているか
車の場合
  • 駐車場の有無
  • ロータリーの有無、荷物の出し入れは可能か

2.お部屋のタイプ

自由に動き回れる和室

土足厳禁の和室であれば、「靴脱いで!」など叫ぶ必要なし。

旅行などの特別な日に畳の香りに包まれて
ゴロゴロするのも、お子さまにとっても良い刺激ですね。

また、まだ歩行がおぼつかないハイハイのお子さまも
安心して動き回れるので、ママ・パパも一息つけるのでは。

大浴場付または内風呂付

小さいお子さまをユニットバスに入れるのは、
狭いのでお子さま、ママ・パパにも負担がかかります。

大浴場であれば、ママ・パパと安心して入れますし、
お子さまもいつもと違うお風呂なので良い思い出になること間違いなし。

露天風呂付のお部屋でも良いですが、
外にシャワーがある場合も多いので注意が必要です。
外だと気温が低い、床が石で滑りやすいので、
内風呂がついていて、ゆっくりと入れるのがベスト。

3.子ども用施設・アメニティなど

キッズルームやプール充実のホテルを

温泉メインのホテルなのに入ってくれない!など
何があるかわからないのが子連れ旅行。

そんな時に備えて、できるだけキッズルームなどの
お子さまが遊べる施設があるホテルだと
安心して家族みんなが楽しめますね。

アメニティは想定外のものも

ホテルによっては、おむつやおしりふき、貸出絵本等
そんなものまであるの!?というほどアメニティが充実。
事前に確認しておくと、荷物も減り、
準備や片付けの手間も省けるので一石二鳥!

逆に子ども用の浴衣がないところもあるので、
お子さま用のパジャマが必要な場合も!
過不足なく準備できるよう事前に確認しておくと◎。

4.食事

食事スタイル・場所の確認

ビュッフェ式

お子さまの好きなものが好きなだけとれるというのがメリット。
偏食のお子さまであれば、事前にどんなメニューがあるのか
確認しておくと安心ですね。

コース式

個室などで周囲を気にせずお食事できるというのがメリット。
また、お子さま用のメニューを提供しているホテルもあるので、
事前にどんなメニューがあるのか確認できるのも安心ですね。

離乳食の有無

ホテルによっては、離乳食を手作りで用意してくれるところや、
温めのみで自分たちで用意しなければならないところなど様々。

急遽買いに行かなければならない!とならないためにも
離乳食の有無、どのような離乳食か事前に確認しておくと安心。

5.周辺情報

公園や室内で遊べる場所の有無

温泉メインの旅行の場合は、
近くに公園や遊べるスポットがあるといいですね!

また、観光地を予定していた旅行の場合は、
雨で台無しになんてことも…
室内でも遊べるスポットを探しておけば、
急遽いけなくなった場合も安心。

スーパーや薬局

秘境の地の旅館などを訪れる際は、
旅館に売店のようなものはあっても、キッズ用品が揃うとは限りません…。
あらかじめスーパーや薬局の位置を確認しておいて、
事前に必要なものは買っておくorホテルにあるか確認しておくことが大切。

スポンサーリンク
ABOUT ME
やのちん
やのちん
1児のママ
子どもと一緒に楽しくラクに生きる。
子ども×ホテルを軸にメディア活動しています。
実績として、大好きなサウナ×ホテルで月間3万PVを達成し、メディア事業売却に成功しています。
記事執筆の依頼やメディア掲載についてはお問い合わせからよろしくお願いいたします。
記事URLをコピーしました