お金・株
PR

[幸せの上限は年収1200万円]年収を上げ続けるだけが幸せのGOALではない?

やのちん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

サラリーマンのみなさんこんにちは。やのちん (@yanochin0818)です。

[chat face=”0E2BAADD-ACBA-48BC-B5B9-636E0E189FB7.jpeg” name=”やのちん” align=”left” border=”none” bg=”gray” style=””]あなたの年収いくらですか? その額面に満足していますか。[/chat]

誰もが一度は考えたことがあると思います。

[jin-iconbox15]今の年収に満足いっていない!自分が満足する年収はどれくらいなんだろう[/jin-iconbox15]

といった悩みにお答えします。

それでは参りますよ。

どんな人に読んでほしい?

  • 現状の年収に満足していない方
  • 年収と幸福度の関係について知りたい方
  • いくら稼げば幸せになれるのか知りたい方

 

年収はいくらだと幸せになれるの?

幸せの定義は人それぞれ違います。

  • 家庭に笑いが溢れる
  • 仕事が楽しい
  • 人間関係が良好
  • 精神的に安定
  • 健康体を維持する
  • お金がある(年収が高い)
  • お役立ちできている

などなど。

幸せの意味を考えると、お金が全てではないということも理解できます。

しかし、お金があることで精神的な安定や、健康維持ができるのも確かです。

お金はライフスタイルをサポートをするツールです。

お金を使って定期的にジムに行き、汗を流す。

お金を使って定期的に体のメンテナンス(歯科、眼科、ヘルスケアなど)をする。

お金を使って家族旅行にいく。

お金がある≠幸せ

お金を使ってライフスタイルをサポートする=幸せ

お金の使い方こそが幸福度と直結する指標になるということです。

では、ライフスタイルをサポートするためには年収はいくらあれば良いのでしょうか。

それは、年収1200万円ということがわかっています。

図. 年収(横軸)と幸福度(縦軸)の関係 : 日本はEA

引用文献 : Happiness, Income Satiation, and Turning Points Around the World
URL: https://www.nature.com/articles/s41562-017-0277-0

グラフからわかることは年収が1200万円程度でピークを示しているということです。

決して年収が上がれば幸せになるということではないことがわかります。

年収が自分より高い人を見ると幸せなんだろうな、と感じ嫉妬するときがあると思いますが、その感情もいづれは無くなっていくということです。

しかしながらサラリーマンで年収1200万円を超えるためにはかなりハードルが高いことがわかります。

サラリーマンの平均年収は男子572万円、女子280万円となっているので、
そう簡単に超えられる壁ではありません。

図.各業種別の平均年収
引用文献 :国税庁
URL:https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan1997/menu/04.htm

 

年収1200万円は一つの目安であります。
さらに年収1200万円は1世帯あたりなので、パートナーと合わせて1200万円でもOKです。

 

え。それでも年収1200万円の見通しができない?

という方は次の項目を参考にしてください。

この項目で参考にした書籍も一応掲載しておきます。
この書籍は年収の捉え方などノウハウが詰められていますが、特に気にせず読み飛ばしてください。

年収1200万となるビジョンは見えているか

大きなハードルとして、年収1200万円を現状の生活で掴み取ることができるのかということです。

今回は

  • できる見通しがついているが、いつになるのかわからない
  • 全く見通しがつかない、どうしたらいいんだろう

 

この2パターンに場合分けして考えます。

 

  • できる見通しがついているが、いつになるのかわからない場合

細かく目標設定をしてみる

4半期や1年おきに細かく目標設定してみることです。

見通しがついているのであれば、それがいつまでに達成できるのかをある程度予測しておくことで安心でき、精神的に安定できます。

生活の中で年収1200万を達成するぞという目標を念頭に置きながら生活していくべきです。
決して容易な壁ではないですから。

パートナーと相談しながら決める

各々がいくら稼げば良いかパートナーと相談し決めていくことは重要なこと。
モチベーションも共有できますし、何より共に幸せに近付くことができます。

出費を抑える

出費を抑えることが何より重要な要素かもしれません。
大きなモノを購入する際は本当に必要なのかを吟味していくべきですね。

 

  • できる見通しができない場合

まず前提条件として、年収1200万円を目指したいと考えているのであればここからの記事は有益になると思います。

すぐに年収1200万円になれる術などありません。

ここでは、まず簡単に見通しがつけられる方法をお伝えします。

 

上司の年収を把握する

あなたの上司は年収1200万円を超えていますか。(推定で構いません)
超えているのであれば、その上司のノウハウを全て吸収し、自分のスキルとしてください。

なぜなら、年収1200万円=上司のスキルとなっているからです。

あなたの年収=あなたのスキルなのでスキルを上げている間は我慢が必要ですが上司の背中を追い続け、越えてください。

 

しかし、上司の年収が1200万円を超えておらず、あなた自身もその環境から抜け出せないのであれば、年収1200万円の道は程遠いと思います。

環境を変えていくことが1番の近道です。

環境を変えるためには、転職や社内で部署を変えてもらうこと。

 

副業をやってみる

その踏み出す勇気が出ないのであれば、副業を考えるべきです。

副業ではアフィエイトやせどり、MLAなど数多くありますが、なかなか会社の時間も取れず時間が割けないと思います。

そこで副業ではありませんが、株式投資を行い、資産運用をすることで副業並みに稼ぐことは可能です。

株式投資はサラリーマンにとってはリスクが少なく、もっとも簡単な稼ぎ方だと考えております。

マーケットを知ることで社会勉強にもなりますからね。

株式投資で稼ぐことができれば、パートナーと共働き+資産運用で
例えば

夫 年収700万円

妻 年収400万円

株式投資 100万

こんな感じで年収1200万円を稼ぐことは現実的ですね。

ある程度平均年収を超える必要はありますが。
例のような年収にたどり着く見通しがつかない方は、副業をオススメします。
月5万円でも稼ぐ能力があれば、年収も上がりますからね。

資産運用を始めることで年収1200万円を目指し、あなたの幸福度は最高値にする準備をしましょう。

まとめ

今回は幸せと年収の関係について紹介しました。

年収1200万円はそう簡単に到達できるものではありません。
目標を年収1200万円と定め、目標に向かって計画的に歩む人生は一層楽しくなると思います。

一歩踏み出す勇気が生活を変える行動になります!

以上、やのちん (@yanochin0818)でした。

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
やのちん
やのちん
1児のママ
子どもと一緒に楽しくラクに生きる。
子ども×ホテルを軸にメディア活動しています。
実績として、大好きなサウナ×ホテルで月間3万PVを達成し、メディア事業売却に成功しています。
記事執筆の依頼やメディア掲載についてはお問い合わせからよろしくお願いいたします。
記事URLをコピーしました