サラリーマン
PR

[19歳大学1年生の弟]サラリーマンを目指す弟に社会人2年目の兄が送った言葉とは

やのちん
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

みなさんこんにちは。やのちん (@yanochin0818)です。

[jin-iconbox15]大学生だけど、やることがなくて暇を持て余してる。何かに挑戦したいけれど、何に挑戦したらいいのかわからない[/jin-iconbox15]

こんな悩みに答えます。

それでは参りますよ。

どんな人に読んでほしい?

  • 大学1年生の方
  • 大学生で何かしたいが、何をすればいいか悩んでいる方
  • 将来サラリーマンになりたい大学生

はじめに

やのちんには19歳になった弟がいますが、大学の授業を受け、バイトに行き、友達と遊ぶ毎日です。

普通の大学生です。普通なんです。

せっかくの大学生活なので何か1つでも挑戦してみることでその人の人生観が変わると思ってます。
大学一年生はよく遊び、よく学べと言いますよね。

今回は「学び」について社会人2年目のやのちんが送る、大学生のうちに経験しておくべきことを紹介します。

大学に入ったばかりの1年生

大学に入ったばかりの1年生。4年間ある大学生活をどう過ごしていくか計画しているしょうか。

おそらく、、、
なんとなく過ごしている人、多いのではないでしょうか。
大学の授業を受け、バイトに行き、友達と遊ぶ。
そういった毎日を送っていませんか。

サラリーマンは大学生のうちに〇〇しておけばよかった。
と後悔している人たくさんいますよ。

大学1年生はまだまだ自由な時間があるので有意義に過ごして欲しい。

19歳弟の誕生日に送ったサラリーマンの言葉

社会人2年目のサラリーマンが感じた大学生のうちに経験しておくべきことを19歳の誕生日を迎えた弟に話をしました。

サラリーマンが大学生に伝えた言葉は3点です。

  • 将来何になりたいかを考えろ
  • お金の勉強をしろ
  • 素直にやりたいことをやれ

将来何になりたいか考えろ

[chat face=”0E2BAADD-ACBA-48BC-B5B9-636E0E189FB7.jpeg” name=”やのちん” align=”left” border=”none” bg=”gray” style=””]将来何になりたいか考えてるん?[/chat]

[chat face=”44F46B93-A386-401A-BFAD-564BA98391CB.png” name=”弟” align=”right” border=”green” bg=”none” style=””]やりたいことは明確に決まっていない。。[/chat]

[chat face=”0E2BAADD-ACBA-48BC-B5B9-636E0E189FB7.jpeg” name=”やのちん” align=”left” border=”none” bg=”gray” style=””](自分もそうだったからな)そしたら視野を広げるために大学生のうちに色々やるべきやなあ。バイトはしてるん?[/chat]

[chat face=”44F46B93-A386-401A-BFAD-564BA98391CB.png” name=”弟” align=”right” border=”green” bg=”none” style=””]飲食店やってるで。あとせどり挑戦してる。株もやってみたいな。[/chat]

とこんな感じでした。

大学生は社会とかけ離れており、将来像が見えにくく就活も大変です。
その中でも大学生は就活をする人が多いと思います。

そのため、バイトを経験することでお金を稼ぐイメージはつくと思いますが、いわゆる「企業で働くサラリーマン」がどのようなことをしてお金を稼いでいるのかイメージはつきにくいでしょう。 

だからこそ、大学生のうちに色々やってみることをおすすめします。

バイト、起業、サークル、留学、読書、インターン、合コン、youtuber、ブログ、プログラミング、プロゲーマー。

なんでもいいです。
ボーッとせず何かしら行動し視野を広げることが重要です。

 

お金の勉強をしろ

大学で専攻している知識に加えてもう一つだけつけるべき知識は?と言われたら
確実に「お金の勉強」と答えます。

大学生活を終え、サラリーマンとして社会に出る方が多いと思います。
しかし、サラリーマン=お金を稼ぐ という考えだと危険です。
お金を稼ぎたいだけならサラリーマンは分が悪いからです。

なぜか。

お金の勉強をすればわかりますが、サラリーマンに重くのしかかるのは社会保険料と税金です。

本記事の読者はお金の勉強をしていない方が多いと思うので割愛しますが、
やはりお金の勉強はしたほうがいいです。

サラリーマンになってから知るのでは正直遅いと感じました。

[chat face=”0E2BAADD-ACBA-48BC-B5B9-636E0E189FB7.jpeg” name=”やのちん” align=”left” border=”none” bg=”gray” style=””]僕はサラリーマンになってから現実を見ました、はい。お金の勉強は大切だと痛感してます。[/chat]

初心者にはお金の大学という本を読むと基本的なお金の仕組みが分かります。

中上級者にはお金の超基本という本を読むと詳細部分のお金の仕組みが分かりますね。

 

素直にやりたいことをやれ

素直に自分の興味がなんなのか。
自分を見つめる時間があるのも大学生の特権です。

弟は英語が全く喋れませんが、留学に行きたいと言っていました。

[chat face=”0E2BAADD-ACBA-48BC-B5B9-636E0E189FB7.jpeg” name=”やのちん” align=”left” border=”none” bg=”gray” style=””]留学1人で行けるん?英語喋れるん?[/chat]

[chat face=”44F46B93-A386-401A-BFAD-564BA98391CB.png” name=”弟” align=”right” border=”green” bg=”none” style=””]全く喋れん (笑)[/chat]

[chat face=”0E2BAADD-ACBA-48BC-B5B9-636E0E189FB7.jpeg” name=”やのちん” align=”left” border=”none” bg=”gray” style=””]俺も日常会話程度の英語レベルで留学に行ったからな。[/chat]

[chat face=”44F46B93-A386-401A-BFAD-564BA98391CB.png” name=”弟” align=”right” border=”green” bg=”none” style=””]行ったら行ったでなんとかなるやろ[/chat]

まあこんな感じ。
素直にやりたいと思ったことはやるべきです。
直感って意外にサラリーマンになってからも大切なスキルです。

大学生は社会人と比較して時間はたっぷりありますが、お金は全くありません。

やのちんはお金がなかったので奨学金を借りましたが、確実に正解だったと思います。

大学生での経験がサラリーマンになった時、大きな武器になりますから。

サラリーマンはおすすめ

サラリーマンはおすすめです。
なぜなら固定で給料が入るからです。

会社で自ら手をあげどんどん学んで成長しようが言われたことだけやっていようが、固定の給料は貰えます。
なので生活に困ることはありません。

ただ今は、終身雇用が崩壊しつつあるので、自分の武器は持っておいたほうがいいです。
その武器は大学生のうちに獲得しておくこともできます。

サラリーマンになる前にやっておくべきこと

サラリーマンになるのであれば、やっておくべきことは

サラリーマンとは何か。を知ることです。

あなたが今なろうとしているものに対して無知なのは危険です。
周りがサラリーマンになるから私もサラリーマンになろうという考えが危険だということです。

やのちんはサラリーマンに対して無知だったことに後悔しています。
事前に勉強していればもっと広い視野で判断できていたからです。

サラリーマンに対して調べるのがめんどくさいという方には、大企業に行くことをお勧めします。
なぜならやっている事業が広いため、サラリーマンになってからでも広い視野で物事を判断できるからです。

サラリーマンは5,800万人います。
2,000人の企業と20万人の企業では単純に見える世界が100倍違います。

もしあなたがサラリーマンとは何かを知りたいのであれば、
書籍「黄金の羽の拾い方」を読むことをお勧めします。
サラリーマンの現実を教えてくれるいいきっかけになります。

さいごに

本記事は、「サラリーマンを目指す19歳の弟に送った言葉」について紹介しました。

素直にやりたいことをするのが1番いいと思います。
社会人から見て圧倒的に自由な時間があるので、やりたい!と思ったら即行動することをお勧めします。

サラリーマンになった時に、大学生の時にやっていたことが大きな武器になるはずです。
大学生活を満喫してください。

一歩踏み出す勇気が生活を一変させる行動になります!

以上、やのちん (@yanochin0818)でした。

スポンサーリンク
ABOUT ME
やのちん
やのちん
1児のママ
子どもと一緒に楽しくラクに生きる。
子ども×ホテルを軸にメディア活動しています。
実績として、大好きなサウナ×ホテルで月間3万PVを達成し、メディア事業売却に成功しています。
記事執筆の依頼やメディア掲載についてはお問い合わせからよろしくお願いいたします。
記事URLをコピーしました